前へ
次へ

無駄な抗生物質を飲むリスクを知っておく

病気を引き起こす原因としてウイルスや細菌の感染があります。
それらの病気の原因が分かれば原因のウイルスや細菌を無くすための治療が行われます。
ウイルスも細菌も体にとって良くないものして捉えられ、それを無くすものとして抗生物質を想像する人がいるでしょう。
しかしウイルスに対して抗生物質は役に立ちません。
インフルエンザはウイルスに感染したことによる病気で、こちらは薬などで直接攻撃して治療することはできません。
免疫力をアップさせて自力で減らす必要があります。
一方細菌が原因の時は抗生物質を投与してその細菌を死滅させる必要があります。
こちらは免疫力だけでは減らせないときもあります。
抗生物質は体に良くない細菌に攻撃をかけて死滅させてくれますが、使うことで薬剤耐性菌ができるときもあります。
つまりはその抗生物質では効かない細菌が登場してこれまでの抗生物質では死滅できなくなります。
それを防ぐには無駄に抗生物質を体の中に入れないことで、適切に使う必要があります。

Page Top